石川県のパワースポット

能登地方と加賀地方で対照的な特徴がある石川県

能登地方と加賀地方で対照的な特徴がある石川県

 

石川県の地形は、県北部の能登地方と県南部の加賀地方とで対照的な特徴があります。

 

能登半島

能登地方は日本海に向かって北東方向に突き出た半島です。
第三紀に形成された火山岩や堆積岩からなる丘陵状の山地が広がっており、
一級河川はなく、町野川、大海川などの二級河川が54もあります。

 

半島沖の海底は舳倉島付近まで大陸棚が続いており、その先も白山瀬や大和堆などの中深度海域が見られ、北部は標高300m以下の低山地と丘陵地帯が連なる準平原です。

 

半島南部は、宝達山を中心とする低い山地(宝達丘陵)が南北に連なり、西側の海岸線は長い砂浜海岸(千里浜)となっています。

 

加賀地方

加賀地方は、南東部に白山を最高峰とする山地帯(両白山地)が発達し、北西に流れる河川によって形成された沖積平野が南北に広がっています。

 

白山は中国山地を経て、九州北部に延びる白山火山帯に属しています。
加賀地方の中央部を流れる手取川は、白山を水源に日本海に注ぐ一級河川で、上流部は川の浸食作用で渓谷となり、中流部には河岸段丘が発達しています。

 

霊山・白山の生気と水の気がある白山比盗_社

霊山・白山の生気と水の気がある白山比盗_社

財運やステイタスアップするパワースポット白山比盗_社

 

日本有数の霊山・白山の生気と水の気が合わさった強力なパワースポットです。

 

品格を与え、財運やステイタスを築いてくれるスポットです。

 

地区別パワースポット


石川県 エントリー一覧

スポンサーリンク