風水の家相を取り入れて吉相の家にする

風水の目的は生活しやすい環境を作ること

風水でいう家相は家のタブーではない

家相は、昔の人が家を建てる際に大事にしてきました。

 

しかし、ほとんどの人は、家相は「古臭い」、「迷信だ」と考える原因として、 「北の玄関は凶」、「鬼門のトイレは病気になる」といったタブーのことばかり 強調されてきたからではないでしょうか。

 

そんなご法度に縛られるあまり、間取りを考えるとき、家相を優先すると、 「ここはダメ」、「ここもダメ」と制約されることが多く、その結果、 かえって住みにくい家になってしまったケースもあります。

 

家相は、理にかなったことも多く、決して家作りのタブーだけを言っているわけではないのです。

 

スポンサードリンク

 

風水の目的は生活しやすい環境を作ること

風水の目的は生活しやすい環境を作る

家相のベースは、古代中国で発祥した風水学で、正式には「風水地理」と呼ばれる学問です。

 

それは、地形や地質、気候条件などから、その土地の持っている特質や癖、パワーを知り、 その環境を生かそうという考え方から生まれたものです。

 

例えば、風水では、「東南の玄関は吉」、「東のキッチンは吉」といいます。 これは、東南に玄関があれば、さわやかな光や風が入り、 朝日の入る東のキッチンで作った食事をすれば、自然と1日の活力が沸いてきます。
これは、迷信ではなく、当然のことです。

 

このように風水は、土地の自然環境を考えながら、安全な、暮らしやすい家にするための、 ノウハウのようなものなのです。

 

風水家相を応用すれば吉相の家にできる

風水の目的は生活しやすい環境を作る

風水は、土地の状況や環境から、パワーを引き出し、活用する学問です。

 

しかし、家相上の条件を全てクリアして活用することなど不可能です。 100%吉相の家などありえません。また、100%凶相な家もないのです。

 

ですから、凶相のスペースをどうしたら、吉相にするかが問題なのです。 たとえば一般に凶相とされる「東北の玄関」の家でも、それなりの内装やインテリアをしたり、 掃除をよくしてきれいにすれば凶相は弱り、吉相に近づくというのが風水家相なのです。

 

家を吉相にするポイントは玄関を吉相にする
  • 鬼門を生かして健康と金運の強化
  • 収納を上手にする
  • 方位と色の風水パワーを利用する

 

誰しも、よい環境に恵まれれば、運が開けて、幸せをつかめます。 家というもっとも身近な環境を整えるために、風水パワーを上手に活用して、是非、吉相の家にしましょう。


風水の家相を取り入れて吉相の家にする/ドクターコパの風水関連ページ

風水パワーのポイント
dr.コパの風水で家相をよくしましょう。 家相がよくなれば、おのずと運気がよくなります。 ドクターコパ風水パワーであなたも幸せに! 風水で未来も変わる!

お探しの情報はありましたか?


さらに検索できます。